違いがわかる女

コーヒーは好きだが挿れ方がわかっていない子どもの漫画
コーヒーは好きだが挿れ方がわかっていない子どもの漫画
コーヒーは好きだが挿れ方がわかっていない子どもの漫画
コーヒーは好きだが挿れ方がわかっていない子どもの漫画

子どもの頃、背伸びしてコーヒーを飲んでいた時期がありました。

うちの父親は昭和一桁生まれで…あまりハイカラなコトと縁がない人でしたが、50近くで私の父親になることになり、その娘のご機嫌を取るために色々と付き合ってくれました。

が、インターネットもない時代…挽いた豆を美味しく飲む方法も知らず…
二人でなんか本格的なコーヒーって美味しくないって凹んだことも、今はいい思い出です。

押していただけると、ああこんなブログでも見てもらえているんだと実感できて嬉しいです。

絵日記ランキング

※このサイト「イラレで漫画」に上げている漫画部分は、日常で経験したコトを土台にしたフィクションです。

タイトルとURLをコピーしました