ぶらり成田空港

ぶらり成田空港のタイトル画面

先日成田空港へ行ってみました。
海外旅行未経験の私は成田空港をあまり知らないので、コロナ禍で人の少ない今、じっくりと成田空港を見てみるのも面白いかな?と思ったのがキッカケです。

普段、このブログは架空のキャラコマコケンコを描いて漫画を描いていますが…今回は自画像代わりに使っているピンクのキャラをココで使ってみることにします。

海外への発着便の多い成田空港…テレビのロケで見ると、出発や到着で人が賑わっているイメージでしたが…今の成田空港は全然人が居ない!

利用者が居ないのに…清潔で明るい空間が広がっていて…突如人が消えた映画の世界みたい。

人件費・電気料金を考えると…運営の苦労が想像できます。

この時の時間は夕方5時半ぐらい…なのに…客は居ない…。
いるのは警察官と空港職員。

飛行機もキャンセル(欠航)の案内が幾つか出ていました。
もともと便が少ない上に欠航とは…うーん…経営側の苦悩が想像できますね。


空港内にはこのような施設もありました。

でも、こちらにも誰もいない、旅立つ人も戻って来る人も観光に来る人もいないのね…。

だが、誰も居ない空港でも警備する物はいる。
その1・ロボット。

こちらのロボットがジュンカイチュウデス的なコトを言いながら空港内をゆっくり動いていました。なんか未来的!

その2・シェパード君。
もちろんお仕事の邪魔をしてはならないので、遠くから撮らせてもらったよ。

生のシェパードを見たのは初めてですが、すっごい大きい犬なのね〜!

空港内のショップもほぼ休業中。

お店によってはお昼の間だけ営業している所もあるようですが…

70%ぐらいは休業状態でした。

なんだか心も滅入ってきたので、滑走路が見れる展望ラウンジへ。

離発着の飛行機が少なくても警告灯は灯っていて綺麗でした。

一日でも早く、渡航規制が終わり成田空港がイロイロな国の人で賑わえる日が来ますように…。
ちなみにこの展望ラウンジの近くにフードコートもあるんですが

私が訪れた土曜日夜7時ぐらいには、どこも営業していませんでした。

成田空港はターミナルが1、2、3とあるのですが、国際便中心のターミナル1には本当に人が居ない。

到着ロビーも居ない。

荷物受け取り場所にも誰も居ない状態。

何も乗せていないコンベアがただただ、回っている光景が…悲しい。

受付エリアももぬけの殻。

2020東京オリンピックを意識した広告が延々と流れ続けていて…ウェルカムトゥジャパン!のセリフが物悲しい。

再び誰も居ない到着ロビー…オリンピックに合わせて設備を綺麗にしたのかと思うと…切ない。

来年…東京オリンピックが開催されるのどうかはわかりませんが…
東京オリンピックが開催されるね!準備したよ!なのに開催できなかった…がーん!
を目の当たりにして…イロイロと考えさせられた成田空港でした。
こんど成田空港を訪れる時は楽しい気分で

レッツ!海外!

って行けるといいな…。

絵日記ランキング

こんな暗い気持ちのまま終わるのもなんなんで…成田空港からの帰り道で立ち寄ったラーメン屋さん。
煮干しをベースとしたラーメンだとか…
ん?ンンン?

伊吹島のいりこを使っている?


伊吹島…ご存知ですか?
瀬戸内海にある本当に小さな島で、知らない人が多いと思うのですが…父の産まれ育った島です。
数年前にお墓参りで訪れましたが…青い海の中にぽつんと浮かぶ小さい島。

↓これ、その時の写真ね。

その島でとれたいりこをベースにしたラーメンが千葉で食べられるなんて!

つい、嬉しくて「伊吹島をご存知ですか?」って店長に話しかけたら…いりこを見せてくれたよ!

ちょっとかじらせてもらったら…千葉県産のいりこと比べるとほんのり甘くて…うんうん…父が生きていた頃は伊吹島からいりこがドッサリ届いて…これをおやつに食べていたな〜と思い出せました。
味覚の記憶ってすごいね!

ラーメンもさっぱりとした汁で中年の胃袋にやさしい。

成田空港での「日本の未来、どうなる?」の不安だった心をチョット和らがせてくれました。

以上、私の成田空港の思い出をメモしました。
落ちもなんにもないけどさ、個人ブログだもの…いいのよ、こんな感じのも。

タイトルとURLをコピーしました