え・古事記を始めます。

最初に言っておきたいこと!

最初にお断りしておきますが、私の描く「古事記」にはスピリチュアル系宗教的話一切関与しません
なにぶん…そちらの分野は疎いもので…。
霊的なことに関しても私は怖い話が好きだけれど、幽霊はそこら中にはいないと思っています…。
罰とか迷信とかもスグに引き合いに出すけれど…コワイけど…ネ。
もちろん、暗闇や物音や気配…メッチャ怖いですし、心霊スポットと言われるところには絶対に行きません。

●●避難小屋とか絶対に泊まらないんだからねっ!

嫌がっている顔のイラスト

私が「古事記」を描こうと思ったワケ

では、なぜ日本の神サマが多く出てくる「古事記」をマンガにして描いてみようかと思ったのかというと…2018年のはじめに、私が運営するもう一つの登山のサイト「図解ひとり登山」でコノハナサクヤヒメについてを描きました。

木花咲耶姫のマンガ
描きながら、コノハナサクヤヒメにまつわるコトを色々と調べていると…
山と神さまの接点が多い!
山と神さまのイラスト
と、いうことに気が付きました。
それはなんでだろう?と調べていくうちに日本神話に興味がでてきて、それにつながる古事記関連文書を読んでみたら…

古事記に出てくる神サマってば…面白すぎ!

喜んでいる顔のイラスト

調べれば調べるほど神サマ達はマヌケで困ったちゃんばかり…ええ!そんなところがとてもキャラ立ちしています。
そんな彼らが関わるお話の筋書きも面白い。

カミサマ同士の大ゲンカ、冒険
自由な神さまのイラスト1

ウ×コネタ
自由な神さまのイラスト2

恋愛トラブル、禁断の愛など…
自由な神さまのイラスト3

と、とんでもない事件が満載なの!

いい年こいて、こんなに「古事記」が面白かったなんて…初めて知りました。
「イザナミイザナギの見ちゃダメ」や「因幡の白うさぎ」など、いつの間にか知っていた昔ばなしも、元は「古事記」
いいや、「古事記」を読むと昔ばなしで知った話より設定が奥深く…かなり面白い!

そんなに面白い「古事記」なのに、日本最古の歴史書・古事記と聞くと、読んでみるのにチョット敷居を高く感じたりもしませんか?私はそうです。
難しいコトが苦手で高尚な文体を見るだけで避けてしまう私が、私なりに古事記をマンガにして描いてみたらどんなお話が書けるだろう?
そう思いついたのが、今回新しく始めたカテゴリーの「え・古事記」書いてみようと思ったキッカケです。

伝統や、古事記の裏に隠された本当の事情はさておいて、古事記に出てきたイザナミやアマテラスの性格にスポットをあてて古事記を解釈してみたらスッゴイ面白いんじゃない?
こうして私視線で描いた神サマは…あまり大声じゃかけないけれど

世界最古のゴシップ本に出てくる自分勝手な神サマ

…こんな描き方をして…ああ、罰が当たらないといいんだけど…人様からこんな不道徳な物を書くな!と怒られないといいんだけど…。

適当なことを描くとバチを当てるわよ!
アマテラスのイラスト
…絶対に…怒られる…。
そうだ!さすがに漢字で書くのはやめておこう!
なのでマンガの中に出てくる名前に関しても基本はカタカナで統一します。
漢字で書くと、まじでバチがあたりそうな気が…。

で、話の内容も、古事記をベースに私の妄想や勝手な解釈を織り交ぜています。
シーンによっては日本書紀や日本風土記の面白そうなトコも織り交ぜちゃってます…。

描くのは日本神話編

今現在で日本神話編までは下記のキャラクター設定で考えています。

イザナギ・イザナミの国産み

怒るイザナミのイラスト

三貴神の登場とスサノオの大冒険

暴れるスサノオのイラスト

オオクニヌシの国造り

カリスマ性を持つオオクニヌシのイラスト

ニニギの天孫降臨

傲慢なニニギのイラスト

海幸彦・山幸彦

天然系のホオリのイラスト
2018年5月の今現在で全体的な話をざっと分割したネームは…100話以上…最後のホオリにたどり着くまで何年かかるのかしら…と多少の不安も抱えつつ…他のコンテンツとも折り合いをつけながら、まったりとほそぼそと書いていこうと思います。
あと、あとね…私は貴金属などの装飾品を描くのがすっごい苦手!
なので、服装がちゃちくても勘弁!

最後に…

そんないい加減な私の妄想・古事記マンガを
マンガでつづる「え・古事記」
マンガでつづる「え・古事記」ロゴ
今まで古事記に興味のなかった方にも「古事記って面白いかも」
そう思ってもらえるようなキッカケになれるよう頑張ります。
先にも書きましたが、スピリチュアルやご利益、キチンとした情報を求めてココにたどり着かれ方…ほんとゴメンナサイ!
本当の古事記を知りたい方は是非是非、この先へ進んでいって…
むしろ私に古事記のアレコレを教えて下さい!
はい、私は基本…他人を頼って生きています。

この古事記を書くあたって、私の脳の参考にさせていただいた文献は下記の通りになります。
青空文庫:古事記
古事記完全講義:竹田 恒泰 著
古事記 壱: 創業90周年企画 (マンガ古典文学シリーズ):里中満智子 著
ラノベ古事記 日本の神様とはじまりの物語:小野寺 優 著
古事記と日本書紀-カラー&図解ですぐわかる
決定版 古事記と日本の神々
この後もイロイロな資料を参考にしていくので増えていきます。

押していただけると、ああこんなブログでも見てもらえているんだと実感できて嬉しいです。

絵日記ランキング
バナーが間に合わなかった…近々作ります!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする